日本文化の象徴として

Pocket

印鑑を印章という言い方もされいわゆる普段一般的に目にする形は日本独特であり、アジア諸国でもお国柄の印鑑はあるもののサインの方が一般的です。印鑑は四大文明時代に作られていましたが、現代欧米諸国およびヨーロッパ諸国では印鑑よりもサインが主流であることはご存じの通りです。ですから印鑑は日本文化の象徴と言っても良いのです。

素材は木材、金属、水晶、チタン、動物の角や牙、合成樹脂などがあり特に象牙や黒水牛角は希少価値、および独特の光沢と風合いから高値がつき人気も高いのですが、近年の動物愛護への意識の高まりが影響してますます手に入りにくくなっています。

手彫りはんこは特定のフォント手書きの逆文字を彫刻刀で彫り上げていきますから、当然ながら文字の太さは均一になりませんし機械彫りと見比べてみればその違いは一目瞭然です。さらにここから先が手彫りならではの作業となるわけですが、必ず字の太さや線質に強弱をつけていく仕上げを完了させて納品となり一貫して手作業となります。

機械彫りは荒彫りだけで仕上げはしません。これだけ手間暇掛けていれば大量生産は難しいですし価格が上がるのも納得できます。高度な技術を要することもあって印章彫刻技能士または認定印刻師という資格制度もあるのです。これら資格保有者が製作したものなら確実に信頼できます。